小児歯科

お子様が歯の治療を怖がらないために

お子様が自分で「虫歯になったので歯医者に行く」と言いだすことはありません。ご両親がお子様の歯の管理をしっかり行う必要があります。

しかし歯が痛くなってから歯医者に行くようでは「歯医者=痛くて怖い」というイメージができてしまいます。 一度恐怖心を持ってしまうと、ずっと歯医者をこわがるようになってしまいますので、歯医者へ連れて行くときには、以下の点に気をつけてください。

  • 歯医者は「痛いところを治してくれるところ」と教えてください
  • 「注射」という言葉は出さないでください
  • 治療が終わったら褒めてあげてください
ハッピークラブからのお知らせ

ハッピークラブ よい子の歯を守る会 ~中学3年生まで~

お子様に『一生健康な歯でいて欲しい』と願う方々のご希望にお答えできる様、まさい歯科クリニックでは今まで以上にお子様のお口のサポートをする為に『ハッピークラブ』を運営しています。

特典

  • 定期検診時(3ヵ月毎)のフッ素塗布無料です。
  • 歯の健康手帳を差し上げます。
  • 治療・検診毎に手帳にお口の状態を記入します。
  • 随時、歯並び矯正相談を承ります。
  • 定期検診の日時を事前におハガキ、又はお電話にてお知らせいたします。
  • 来院されるとスタンプ1個
  • さらにむし歯ゼロでプラス1個
  • スタンプが5個ごとにプレゼントのご用意
歯医者さんの連絡帳

健全な永久歯を作り、なんでも咬めるお口は人生の宝物です。お子様の現在の健康な歯を守り育てる為に3ヵ月に一度は定期検診を受けましょう
ハッピークラブはお子様たちの笑顔の為に、いろんなお手伝いをしたいと考えております。

子供の虫歯予防

幼児は自分一人だけでは充分な歯磨きができません。その上乳歯はエナメル質や象牙質の厚さが永久歯の半分程度しかないので、虫歯になりやすいと言えます。

乳歯はどうせ抜けるもの、と虫歯を放置するのは間違いです。虫歯は顎の発育に悪影響を与えたり、永久歯の歯並びを悪くする原因になったりします。

乳歯は健康的な歯が生える準備をしてくれる大切な歯です。乳歯から永久歯へうまく生えかわることができると、きれいな歯並びになります。 子供の虫歯も、早期治療が大切です。

子供の矯正

子供の矯正治療は、顎の骨の成長期と矯正治療の開始時期を合わせることが大切です。永久歯の並ぶ場所を作るために顎の大きさを拡げるなど、成長を利用して自然にスペース作りをすることができます。

成人になっても矯正はできますが、顎の大きさをコントロールすることはできません。そして大人になってから治療を始めるよりも、子供の矯正は期間が格段に短くなります。

床矯正
ページ上部へ戻る