審美治療

審美治療とは

審美治療とは、美しさと機能性の総合的な治療を行う歯科診療のことです。白い歯と整然とした歯並びを作ることを目的としていますが、見た目の美しさを得ることは、同時に口元の健康を得ることに繋がります。

歯を白くするためには歯の表面についた汚れをとる必要があります。歯並びをよくすると歯磨きも楽になり、磨き残しによるむし歯や歯周病の発生を防ぐことができます。なにより歯が美しくなると、笑顔に自信が持てるようになり、前向きな気持ちになることができます。

より綺麗に、より健康に、より笑顔に。審美治療は心身の健康につながる歯科診療です。

審美歯科とは

保険治療と保険外治療の審美的な違い

保険治療は、生きていくために必要な最低限の治療を受けられるように作られた物です。 歯科では虫歯治療と歯のかむ力を補う入れ歯が保険治療に該当します。いずれも機能を回復することが目的であり、審美的な配慮は保険に含まれていません。

保険治療のメリットとして治療費が安いことが挙げられます。しかし保険治療が安いのは、自己負担額の割合が少ないだけでなく、治療方法や材料も安いものしか使えないからでもあります。

保険治療と保険外治療の審美的な違い

保険金額内で治療するためには、保険を適応させるための決まりごとに合わせた、治療法・治療材料しか使えないのです。それは義歯の種類だけではなく、型取りの素材、接着材にまで及びます。

保険外治療では全額自己負担となりますが、保険治療では行えない高精度な治療や厳選された素材を使って治療を行うことができます。噛み合わせや歯の質感などを考えて口内環境を最善の状態に整えられるというメリットがあります。

当院では症状に応じ具体的な違いをご説明いたします。
患者様に、経済的な問題も含め、納得して選択していただいたうえで、最適な治療をご提案したいと考えております。

ホワイトニング

ホワイトニングとは、歯そのものを漂白して白くする歯科治療です。ハミガキやクリーニングでは落としきれない細かな汚れや歯の黄ばみを、歯を削ることなく白くすることが可能です。先天的に歯の色が茶色っぽい・黄色っぽい方にも有効な治療方法です。ホワイトニングには歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と、自宅で行う「ホームホワイトニング」があります。

ホワイトニング剤

オフィスホワイトニングでは、歯科医院でのみ使用できる強い薬剤を歯に直接塗布し、レーザーを照射します。一回で効果を実感しやすいのが特徴です。

ホームホワイトニングは、患者様自身が自宅で行うことができる治療法です。患者様の歯にあわせて作ったマウスピースへ薬剤を注入し、歯に装着します。主に就寝時に行っていただきます。

まずオフィスホワイトニングで集中的に歯を白くし、その後定期的にホームホワイトニングを行うデュアルホワイトニングという方法もあります。
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの相乗効果が期待でき、白さを長期間維持することができます。

オールセラミック

オールセラミックとは、被せ物をセラミック素材だけで作成する治療法です。
金属を一切使用しないのが特徴です。光を透過させる性質を持っているので、見た目が極めて自然に近い状態になります。

オールセラミックの特徴

  • 光を透過させる。自然な透明感があり、天然歯にきわめて近い。
  • 半永久的に白さが持続する。
  • 金属を一切使用しないため、金属アレルギーの心配がない。
  • 口腔内とのなじみが良いため、周辺の歯茎の健康も維持できる。

金属アレルギーについて

近年、金属アレルギーを発症する患者様が増えています。歯科金属が原因になっている場合、だ液によって金属がイオン化し、吸収され、血流に乗って全身に回るため、身体のどこにでもアレルギー反応が発生する可能性があります。

金属アレルギーの症状は、口内炎だけではなく、湿疹、肌荒れ、アトピー性皮膚炎、自律神経失調症、慢性疲労にまで及ぶので、歯科金属が原因と気付いていない方が多いのが現状です。原因不明の症状でお悩みの方は、お口の中の金属が原因かもしれません。

金属アレルギーについて

ページ上部へ戻る